アメリカナマズ釣行 2020年3月 @ 霞ヶ浦・北浦周辺

新型コロナウィルスの影響で、我が家も中学校と小学校の休校を受けて、子供たちが自宅に缶詰め状態になっています。
このようなご時世なので仕方ないと思いつつ、このストレスをなんとか週末に発散してもらおうと、今週も再び霞ヶ浦・北浦周辺に出動してみました。

今回のターゲット

今回も諸事情により、午後からの釣りになってしまいました。
そうすると、日没までの時間と釣り場への移動の時間を考えると、ラン&ガンスタイルではなく釣り場は決め打ちで粘るこことしました。
さらに気晴らしが主目的であるため、今回のターゲットは「必ず釣れること」が条件になると考えました。
そこで導き出した答えは、振出竿にマブナ仕掛けをセットした「なんでも良いので釣れてほしい」スタイルでした。
このスタイルは、最悪でも霞ヶ浦で猛威を振るっている「アメリカナマズ」が釣れることで私の中では有名なものです。

実釣

3m(10尺)の振出竿に、前回の釣行で使った出来合いのマブナ仕掛けをセット。
エサは我が家の定番、マルキューさんの「つけるだけ!」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マルキュー(MARUKYU) つけるだけ!
価格:308円(税込、送料別) (2020/3/16時点)


上記は本当に開封してつけるだけなので、タックルボックスに常備しています。
匂いもあるので、集魚効果もそこそこ高いのではないかと思っています。

仕掛けにエサをセットするとともに、数個撒き餌としてウキの周辺に投げ入れます。
今回はタナゴ釣りの優先度を下げましたが、霞ヶ浦のドック(船溜まり)を選択したので、あわよくば狙えればと考えていました。

ウキ下を調整して、底釣りとなるようにしました。
そして、やや風が吹く中、じっと魚からのアタリを待ちました。
しばらく待たされましたが、わかりやすくウキが水中に引き込まれていきます。

勢い良くアワセをすると、ずっしりとした重量感。
そして時折緩やかになるものの、右左に勢いよく走る走る。

ようやく釣り上げてみると、30cm超えのアメリカナマズが上がってきました。

個人的には害魚なので、駆除したいと思ったのですがリリースすることにしました。
その後、息子に竿を託して傍で観察。
ウキは分かりやすい反応をするので、息子にも簡単にアワセることができました。
アメリカナマズは、ものすごいファイターなので小学校2年生には30cm前後のサイズが丁度良いかも。
あまり大きすぎると、小さい子供には負担過ぎて、最悪湖に落ちてしまう可能性も考えらえれますね。

夕方、風が強くなって気温も下がってきたので、アメリカナマズのゴールデンタイム(夜)を待たずして納竿をしました。
釣果としては、2時間程度で8匹。バラしを含めたらツ抜けはしてましたね。

今回の釣行を振り返って

今回は、子供たちの「ストレス発散」と「気晴らし」を目的とした釣行ということで、「釣れること」を大前提に出動しました。
コンスタントにアメリカナマズが釣れ続けたので、目的は達成しました!

ただ、こんなに簡単に30cmオーバーのアメリカナマズが釣れてしまうことは、悲しい現実であるということは忘れてはならないと思います。
私が小学生の頃は、餌をつけて投げると鯉か鮒が釣れることが普通で、外来魚はミミズをつけるとブラックバスが釣れることが稀にあったくらいです。
本来、霞ヶ浦にたくさんいてほしい魚たちを減らさないために、アメリカナマズの駆除を本格的に考えた方が良いのではないかと思っています。