タナゴ・フナ釣行 2020年3月 霞ヶ浦水系

新型コロナの影響で外出自粛ムードになっているので、人ごみを避けなければと思うとついつい霞ヶ浦にいってしまう今日この頃。またまた出動してしまいました。

大減水

今回もいつものホソに行ってみましたが、先週と比べても大減水。
底が完全に見えてしまっているところが多いです。
ここまでの減水は、私の経験上あまり見たことがありません。
たまたま居合わせた釣り人に話を聞かせて頂いたところ、今が最低水深であろうということでした。

実釣開始

結局、いつものホソで3尺タナゴ竿を準備して実釣を開始。
何度か、餌をタナに置いてくるイメージで空アワせをしていきます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイワ(Daiwa) ひなた 3尺 06317495
価格:5825円(税込、送料別) (2020/3/25時点)


すると、シモリウキに微妙なアタリが出てきました。
急がず騒がず、じっくりとウキの動きを見定めてアワセをすると1匹目の魚をゲット!

上がってきた魚は、「マブナ」でした。
濁りがあるので、水中の魚の姿は見えませんが、確かにエサにアタックしてきます。
調子よく数匹連続でゲットすると、アタリが遠のきます。


再び大きめにエサを付けると、なんとか魚を寄せようと空アワセをしていきます。
すると、先ほどまでとは少し違ったアタリが出始めました。
かなり繊細なアタリで、「マブナ」以外の魚ではないかという期待が高まります。

小さな小さなアタリを見逃さずにアワセてみると、上がってきたのは「オカメタナゴ(タイリクバラタナゴ)」でした。
ついに、ついに本命の登場です。
ここ何回か霞ヶ浦で釣りをしていますが、コレを狙っていたんですよね。

その後、連続ゲットと行きたかったのですが、フナが9に対してタナゴは1にも満たない割合で釣れました。
今回も、後半は息子にバトンタッチして次々と釣り上げさせました。
その中には本日イチの大きさである10cmオーバーのフナもいました。

釣行を終えて

今回の釣行は、かつてない程の減水状態のホソでの実釣となりました。
ただ、そんな中だからこそイイポイントには魚が集まってくるというのが実感です。
さらに、若干婚姻色化の始まったタナゴも見ることが出来たので、これから本格的に色づいていくのが楽しみに感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です