アジング釣行|千葉県 房総半島編 2021 vol.2

2021年のアジング釣行を紹介する記事の2回目になります。
前回の釣行では、レンジキープの感覚が掴めずにシロギスを1匹ゲットするという結果。
ただボトムをズル引きしていたのではないかという疑惑を晴らしに出撃してきました。

今回も千葉県 房総半島 が舞台になります。
出発する時間は前回と異なり、少し早い時間に出ることができました。

さらに前回と今回の違いは、「遠投力」を強化した点になります。
前回の釣行ではライズがジグ単では届かない位置で発生していました。
そこまで届く「遠投力」があれば、ゲットできるかもしれないという想いを抱きました。

単純に「遠投力」を強化するためには重いジグヘッドにするという手段があります。
ただ、この方法ではライズしている表層付近を攻めることが非常に難しくなります。
イロイロと調べた結果、またまた34 THIRTY FOURさんの「Sキャリー」にたどり着きました。

テキサスリグ

まず手始めに、「34 パフネーク」のカラーは「ともしび」からスタート。
少し濁りも入っていたので、大きいシルエットでアジへのアピールを重視しました。
何投かしてみると、かすかに指先に伝わる振動がありました。
でも全然ハッキリとしないので、暗闇の中で投げ続けていました。
ふとワームのシルエットを見ると明らかに小さくなってしまっていました。
そう、かすかな振動の主は「フグ」でした。
水面をザワつかせていたのは小さいフグだったようで、その猛攻でワームはズタボロに。

さすがにフグの猛攻にウンザリして、漁港ごと移動することにしました。
次の漁港では、なんとなくパスネークからキメラベイトにチェンジ。
理由としては、濁りが先ほどよりはなくなり、少し小さめの魚が見えたからです。

カラーはパフネークのときと同じ「ともしび」をセット。
常夜灯の明暗部の境目からキャストを開始しました。
ここで、一つ大きな教訓を得ることになりました。

再び数投すると、今後は完全にアタリと思われる振動が手に伝わってきました。
慎重にやり取りをしながら、岸際にまで寄せてきたとき見えてきたのはアジの姿でした。
抜きあげられるか心配でしたが、尺アジではないので大丈夫だろうと高をくくっていました。
すると、プチっとリーダーを結んでいたあたりからラインブレイク。
Sキャリーとジグヘッド・ワーム、何より大切なアジをロストしてしましました。

ここで、なぜ切れてしまったのかを振り返ってみました。
あくまで仮説ですが、先ほどまでの漁港でフグの猛攻を受けた際に、ラインとリーダーと結束部分にもある程度のダメージを受けていたのではないかという考えに至りました。
確か、釣りビジョンで見た「やっぱりシー研 海洋生物研究所」という番組でバチコンをしていた際に、フグが結束部分をかみ切ってしまうということがありました。

また別のYouTubeかテレビ番組でも、勝負の時はリーダーを結びなおして後悔をしないようにするということを言われていた方がいらっしゃったという記憶が呼び覚まされました。
次回は、必ずリーダーも釣りを始める前にきちんとチェックしようと心に決めました。

さて、そんなこんなで時合の雰囲気が満載だったので、すぐにシステムを組みなおしました。
今度は遠投の必要がないかと思われる&時合を逃さないために、ジグ単で戦いに臨みました。

34 ゼログラヘッドにキメラベイトをセットして、レンジキープをイメージします。
すると、すぐに答えが返ってきます。
20cm強クラスのアジが釣れはじめ、少しつれなくなるとワームをトレースするラインとレンジを変えてみると、また反応があるということの繰り返しになりました。

東の空が明るくなるまでの1時間半くらいの間で9匹のアジをゲットすることができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です